無添加

キャットフードはどのくらい与えればいいの? 

一般的にワンちゃんは与えた分だけ食べてしまうと言われていますが、それに比べ猫ちゃんが「お腹がいっぱいになればそれ以上は食べない」と言われています。
猫は犬とは違い1度に全てを食べてしまわず食べ残したり、少し時間を置いてまたつまんでみたり、食欲がある日もあれば全く無い日もあったり、と「ムラ食い」をする習慣のある動物です。

そのため、猫ちゃんの好きな時にいつでも食べられるようキャットフードを置いておく、という飼い主さんが多いように思えます。
しかし反対に「1日何回」ときちんと決まった回数を与え、1回の食事でも食べ終えたようなら残っていてもお皿を下げる、といった飼い主さんもいるようですね。

獣医師さんや猫の飼育本では「1日3回程度」に決め、与えることが推奨されているようです。
「出しっぱなし」の与え方が良くないとされる理由の1つが、いつでも食べられる状態にしていると猫ちゃんはだらだらと1日中食べる癖がついてしまいます。
そしてもう1つの理由としてはキャットフードの劣化が懸念されます。
一度開封してしまうと「生もの」と同じように傷んでしまうウェットフードはもちろん、比較的「腐りにくい」ドライフードですら、猫ちゃんの唾液が付着したした時点で腐敗が始まります。

ではどうして「だらだらと食べる」ことが悪いのでしょうか?
猫が「食事を摂る」という行動には「膀胱の酸性・アルカリ性」が関係しており、空腹の時間を設けると膀胱炎・尿結石などの泌尿系疾患の予防になると報告されています。
そして猫ちゃんだけでなく私たち人間にも経験のある方がいるかもしれませんが、食べ物がいつでも手の届く場所にあると「暇つぶしの一環」として食べてしまうようになる傾向があります。
そうすると肥満のリスク高くなり、肥満は泌尿系疾患だけでなくあらゆる病気を引き起こします。

しかしやはり1番の理由としては「フードの置きっぱなしは衛生上良くない」、ということでしょう。
量に関しては、キャットフードの袋の裏面に表示されている給餌量が1回分の食事の目安とされていますが、その際、成長段階や年齢によっても与える量は変わってくるため注意が必要です。
猫があまり食べてくれないときなどは、食いつきのいいキャットフードを与えてみるのもいいかもしれません。
さらに肥満気味かどうかであったり、運動量の多さ等の個体差があるので、よく観察した上で少なくしたり増やしたりと調節しましょう。

Copyright© 2011 大切な猫のために All Rights Reserved.