無添加

キャットフードはどんなものでできているの? 

キャットフードの成分は「メインとなる原材料」で猫ちゃんの健康に与える影響が大きく左右され、価格の差もこれによって変わってくると言えます。
まず、魚・ビーフ・チキンといった「動物性タンパク質」をメインに作られたキャットフードとトウモロコシ・米・小麦粉など「穀物類」がメインのキャットフードがあります。
動物性タンパク質がメインのフードは穀物類メインのものよりも製造コストがかかるため値段も高くなります。
猫は肉食のため穀物は必要ない、穀物を摂りすぎるとアレルギーなどを引き起こす可能性が高くなるとの意見もあり、最近は穀物不使用のキャットフードも増えてきているようです。
穀物が入っているキャットフードでも、表示されている原材料のトップにくるのが穀物ではなく動物性タンパク質であるものが推奨されています。

さらに「原材料の品質の違い」は飼い主さんにはゾっとするような内容です。
原材料の品質の違いとは、動物性タンパク質でも「どのような肉が使用されているのか」ということです。
肉といってもキャットフードの成分には「副産物」とよばれる成分が入っている場合があり、内蔵・トサカ・毛・爪などを表します。
糞や尿が入っている場合もあるそうです。
キャットフードの成分表に、チキンミール・ツナミールなどの「○○ミール」や「肉類」などと記載しているものではなく、「鶏肉」「ターキー」など、どんな肉が使われているのかがしっかりと書かれているものが望ましいです。

品質の高い肉とは「人間が食べることの出来る肉と公式に認められたもの」です。
品質の低い肉には事故で死んでしまった動物や、病気で死んだ家畜を使っていたり、人間食用には認められない量のホルモン剤が残っている肉を使っているものなどがあります。

高いキャットフードが安全!とは一概には言えませんが、猫ちゃんの健康を考えるのであればあまり安すぎるものは推奨されません。良い食事は様々な病気の予防にもつながります。
バランスのよい安全なキャットフードを選んであげましょう。

Copyright© 2011 大切な猫のために All Rights Reserved.