無添加

キャットフードにはどんな種類があるの?

キャットフードは大きく分けて
ドライフード、ソフトドライフード、セミモイストフード、ウェットフードの4種類があります。

ドライフード
原材料を混ぜ合わせ粒状に形成したものを膨らませ(発泡)、乾燥させた固形タイプのキャットフード。
飼い主さんには「カリカリ」で親しまれています。
水分含有量が10%以下と、ほとんど水分が含まれていないので比較的長期間の保存が可能ですが開封後は酸化が始まるので密封し、直射日光を避け保存する必要があります。
歯ごたえのある硬さなため歯周病の予防にもなり、フードの中ではドライフードが最も栄養バランスが取れていると言われています。

ソフトドライフード
水分がほどんど含まれていないドライフードに対し、25%~35%ほどの水分が含まれていると言われているのがソフトドライフード。
ドライフードと同じよう原材料を混ぜ合わせ、粒状にしたものを膨らませ(発泡)していますが、乾燥はせず冷却だけされています。
しっとりとした水分保持のため湿潤調整剤が使われています。
風味が強いため、猫にとっては嗜好性の高いキャットフードです。

セミモイストフード
半生タイプと呼ばれるのがこのセミモイストフードです。
水分含有量はソフトドライフードと同じく25%~35%程度ですが、成形するだけで膨らま(発泡)せず、乾燥もせず冷却するのみ。こちらも湿潤調整剤が使用されており、嗜好性の高いタイプです。

ウェットフードhttp://catfood.tokyo.jp/
スチール缶やアルミ缶、レトルトパウチ、アルミトレーで殺菌されており、水分含有量が75%程度のとてもジューシーなフードです。
ゼリータイプ、ペーストタイプ、ムースタイプ、スープタイプなどなど多様な種類があり、ドライフードやセミドライフードに比べ価格も高く、大変嗜好性の高いフードです。
1度開けると日持ちがしないため、開封後は早めに使い切る必要があります。

このように食感や風味の違いで、価格も保存期間も嗜好性の高さも変わってきます。
嗜好性の高いウェットフード等は食いつきも良くなりますが、やわらかいものばかり食べていると顎の力が弱くなり、歯垢がつきやすくなってしまいます。
猫ちゃんの健康維持のことを考えると、嗜好性の高いキャットフードはドライフードに混ぜたり、食欲のないときだけにする等なるべく控えて与えるようにしたほうがいいでしょう。
人気の高いキャットフードから選んでみるのも、一つのポイントだと思います。

Copyright© 2011 大切な猫のために All Rights Reserved.